不登校のお子さんを持つ親の皆様へ

勉強についていけなくて学校へ行かなくなってしまった人や、人間関係がキッカケで通えなくなってしまった人など様々。
親からしてみれば、どうしてそんなことで不登校になるの?と思ってしまうかもしれませんが、そう考えるのは良くありません。
思っていても口に出すのではなくて内心にしまっておき、まずはお子さんと一緒に話し合いをするのがいいと思います。
どうして不登校になってしまったのか、どうしたら少しずつ良くなるのか話し合って原因や改善点を探っていきましょう。


不登校は時間をかけて改善していく

早く学校へ通わせたいと考えている親も多いかとは思いますが、焦りは禁物なんです。
もし、無理して学校へ行かせてしまってまた何かあった場合には、不登校になりもう学校へは行きたくない!と言われてしまいます。
ですので、少しずつ慣れさせていくようにした方が無難なのかもしれませんね。
例えば、一週間に数回家から出て散歩させてみるとか、買い物へ行かせてみるなどちょっとしたことから始めるのもいいですね。


先生と相談をしよう

お子さんが学校へ行かなくなってしまったら、学校の先生と相談するのも大事なことの一つ。
先生と相談をして、不登校であるお子さんを今後どのようにして立ち直らせていけばいいのか、よく話し合いを。
また、お子さんをカウンセラーと話をさせると言う方法もアリですね。


コメントは受け付けていません