不登校を改善するには?

一度学校へ通わなくなってしまった人は、それがトラウマになってしまい通学することを嫌がってしまいます。
不登校になって自宅にこもってしまうと、考え方や視野も狭くなってしまうので少しずつ改善していくようにしましょう。
子供は何かに一度失敗してしまうと、消極的になりそれを繰り返してしまうと、もうダメだ、なんて諦めてしまいます。
大人からすれば大したことが無いようなことでも、子供にとっては大きなことなのでその点は理解してあげましょう。


不登校になってしまっても甘やかさない

親の中には甘やかしてしまっている人もいるようですが、甘やかし過ぎるのはいけませんよ。
時には優しく励ましてあげて、時には厳しくして少しずつ立ち直らせていくことが大事なので、不登校だからと言って甘やかさないように。
甘やかし過ぎてしまうと何を言っても聞いてもらえなくなってしまいますし、そういった人格に育ってしまいます。
不登校の問題は子供だけの問題ではなくて、親の問題でもあると言われているのです。


アドバイスをしてあげよう

ただ黙ってみているだけではなくて、こんなやり方もあるよ、というアドバイスをしてあげるのもいいですね。
子供では思いつかないようなことを提案してあげることによって、少しずつ不登校が改善されていくかもしれません。
同じ失敗をさせてはいけないことや、失敗を責めることのないようにして下さいね!


コメントは受け付けていません